京成押上線「四ツ木駅」より徒歩10分 地域の人々の幸せを追求する|よつぎホームクリニック

消化器内科

よつぎホームクリニック > 消化器内科

当院の消化器内科について

当院では経鼻胃内視鏡検査(胃カメラ)を行っております。
身体の調子が悪いと感じ内科を受診される方の半数以上が、自覚はないものの、消化器の病気であることが多いです。
また、日本人のがんの約60%は消化器のがんであり、早期であれば外科手術をせずに内科的な治療で治せることが多いのです。
消化器領域には様々ながんが発生しますが、内視鏡検査などで多くは早期発見可能です。
胃の調子が悪い、お腹の調子が悪い、便秘気味、下痢が続く、肝臓(アルコールや脂肪肝など)が心配なかたなどお気軽にご相談ください。
まずは胃がんハイリスク検診(ABC検診)という簡単な検診を行います。

当院の経鼻胃内視鏡検査(胃カメラ)について

胃カメラとは、内視鏡を鼻や口から入れて、食道、胃、十二指腸の病気(炎症、潰瘍、ポリープ、がんなど)の有無を調べる検査で、多くの消化器症状の早期発見につながります。
一般に内視鏡は口から入って喉を超えて食道へ入っていきます。これを経口内視鏡といいます。
しかしそのまま入れようとすると嘔吐反射が起こります。舌根部(舌の付け根の部分)を刺激することで「オエッ」とする反射です。そのために検査前にゼリーもしくはスプレーの麻酔剤を使用します。
しかし当院では「鼻」から入れる内視鏡検査を行っております。これを経鼻胃内視鏡といいます。経鼻胃内視鏡では、鼻から入れていくことで「オエッ」とする反射が起こる舌根部(舌の付け根の部分)を刺激せずに検査が行えます。また口が開いているので検査中の会話も可能です。内視鏡は経鼻に対応するため非常に細く、そしてやわらかく作られていますので、口からの内視鏡と比較して楽だと感じる方が多いです。

photo
胃がんについて

「胃がん」は癌の中でも「肺がん」に次いで二番目に多いがんとなっています。
またこの胃がんは非常に症状がなく、初期症状がわかりにくいため早期発見が非常に難しいがんと言えます。
なので、少しでも調子が悪いなど心配な方は早期発見のためにも経鼻胃内視鏡検査をお勧め致します。
胃がんの初期症状は早期の段階ではほとんど自覚症状がないのが特徴です。
胃がんに多く見られる初期症状としましては

などです。

これらの症状は胃がん特有の症状もあるのですが、日常生活においてよくあることなので癌を疑わずそのまま放置しておくというケースがほとんどで、胃がんに限らず胃炎や胃潰瘍などのときの症状でもあります。しかしこれらの症状が出てそれが何日か続くようなら必ずなんらかの病状があると疑って下さい。
胃がんにかかる原因のひとつとしては、タバコです。タバコに含まれる有害物質が、その確率を高めます。他には、乱れた食生活、塩分の摂りすぎ、ストレスなども要因のひとつとして挙げられていて、とくに塩分を摂りすぎると、胃壁を守ってくれている溶液が溶けてしまい、そうなると発がん性の物質がより胃に吸収されやすくなってしまいます。

胃がんの進行と症状

胃がんの進行状況は初期段階から始まり、中期、中期後半と徐々に症状がでてきます。
進行して中期の症状で現れると徐々に身体の異変に気付き始めます。

ここまでくると日常生活にもう支障がでています。
よって早期発見には定期的に検査をすることが最も重要となります。

経鼻/経口 胃内視鏡検査
  1割負担 3割負担
胃内視鏡(観察のみ) ¥2,000前後 ¥6,000前後
胃内視鏡+病理組織検査 ¥3,000~4,000前後 ¥9,000~12,000前後

・事前検査分(血液検査ほか)などは含まれておりません。
・ご来院の際は保険証を必ずお持ち下さい。
・経鼻内視鏡検査・経口内視鏡検査共に検査料金は一緒です。

関連施設
提携医療機関
Copyright (c) 2016 よつぎホームクリニック All Rights Reserved.